【まとめ記事】生きづらさを感じる人におすすめの就労支援サービスって?カウンセリングで二次障がいを予防しよう

仕事のアドバイス

発達障がいやHSPの人はコミュニケーションなどで困りごとを抱えることが多く、社会人になって仕事に就くと、人間関係や仕事でのストレスが蓄積しやすい傾向があります。発達障がいの人に対しては就労支援が用意されており、仕事に必要なスキルを鍛えることができます。

そのほか、仕事でのお悩み解消に役立つ自己分析やオンラインカウンセリングサービスについて、これまででぃーこみゅが公開した記事をピックアップしました。

VRとリアルの就業訓練にはそれぞれどんなメリットと魅力がある?

就労支援のひとつに、仕事体験・就業体験があります。会社を訪れて実際に仕事をするトレーニングですが、近年ではVR(バーチャルリアリティー)技術を活用した仕事体験が提供されています。VR環境とリアルな環境での仕事体験について、でぃーこみゅが取り上げた記事を参考にしてみてはいかがでしょう。

VRでホテルや書店のお仕事体験トレーニング!期間限定で無料レンタルも!


発達障がい者支援施設向けのVRサービス「emou(エモウ)」は、何度でも就労トレーニングを繰り返せるVR空間を提供しています。用意されたVR空間は100本以上にのぼり、仕事体験のみならず面接のシチュエーションにも対応。でぃーこみゅ記事では、ホテルや書店といった接客業のトレーニングプログラムを紹介しています。

発達障がいの就労支援もVRの時代へ!リアルなロールプレイで実践的トレーニングが可能


就労移行支援事業所「LITALICOワークス」とVRソフトウェア会社が共同開発した、就労トレーニング用VRソフトウェア「JobStudio(ジョブスタジオ)」を紹介しました。トレーニングメニューとして、ゲーム感覚でピッキング作業を練習するRPGショップ、業務遂行力を鍛えるパフェ作りスタッフ体験、時間内での仕事完了を目指す空港仕分け作業が用意されています。目的がしっかりと設定されたトレーニングで苦手克服を目指せそうですね。

就労支援B型事業のカフェ「ねねね」ではあったかおにぎりとスープ、ヴィーガンスイーツも!


でぃーこみゅでは、リアルな世界での仕事体験も紹介しています。東京都板橋区にオープンしたカフェ「ねねね」は、障がい者支援施設「サポートハウス ココロネ板橋」による就労支援事業です。ヴィーガン向けメニューも用意されていますので、肉や魚を含まない飲食店探しに困っている人たちのサポートにもつながります。就労支援でもあり、社会のニーズにも対応するカフェねねねのおすすめメニューを写真付きで紹介。カフェのインスタをフォローするのもおすすめです。

自己理解を促し、就労のミスマッチを避けて長期就労につなげるサービス

発達障がいの人はストレスをためやすく、うつ病など二次がいを発症する人が多いと考えられています。休職や退職で心身を休めることが大事である一方、復職するときに再度心に負担がかかったり、スキルアップに悩みを抱えたり人もいるでしょう。就労における悩み改善をサポートするサービスを紹介しましたので、是非参考にしてみてください。

脳と体の健康キープ!復職と長期就労をサポートするプログラムって?


発達の特性に必要なサポートを受けていなかったり、ストレスを抱えたまま放置したりしていると、仕事が長続きしないなど就労のトラブルを抱えることがあります。この記事では、ニューロリワークが提供する「パーソナルブレインフィットネスプログラム」を紹介しました。脳と体の健康に着目し、ストレスコントロールなどをサポートするサービスについて、詳しく確認してみましょう。

大人の発達障がいにありがちな仕事の悩み解決には、確かなサポートが必要!


発達障がいの人が感じる生きづらさを軽くするためには、周囲の人のサポートも必要ですが、本人が自分の特性や傾向をしっかりと理解することも欠かせません。この記事が取り上げた、株式会社こころとヒューマンが開発した「こころとインサイト」分析は、発達がい者本人を分析し、成長が見込まれるスキルを提案するサービスです。具体的なサービス内容や期待できる効果を説明していますので、気になる人は読んでみてください。

忙しい社会人の相談相手に!おすすめオンライン・チャット式カウンセリングサービス

仕事の悩みを誰に相談すればいいか迷ってしまう人もいますよね。同僚や友人、家族もいいですが、発達障がいやHSPの人はうつ病などメンタルの不調に陥りやすいため、心の専門家に相談するのがおすすめです。

カウンセリングをもっと身近に!自宅にいながらスキマ時間に相談できるサービスって?


カウンセリングを受けるときのハードルのひとつが通院です。カウンセリングサービスの「うららか相談室」では、臨床心理士などへの相談を自宅やカフェ、メッセージ、オンラインで受けることができます。具体的な相談の流れや費用、カウンセラーの資格の種類を紹介していますので、参考にしてください。

生きづらさを感じる発達障がいやHSPの人向け!チャット・通話相談アプリ『Gift』


気軽にカウンセリングできるアプリ『Gift』を紹介しました。チャット形式のカウンセリングのため、LINEのような感覚で相談できます。匿名で相談したい、対面は苦手、全国の専門家から相性のいい人を探したいという方におすすめのカウンセリングサービスです。

おわりに:大人の発達障がいやHSPは仕事の困りごとの改善に取り組もう

発達障がいは現時点では完治する方法はありません。しかし困りごとの改善に取り組んだり、支援・サポートを受けたりすることで自分自身や状況をよい方向へ変化させることは可能です。就労支援、自己理解、カウンセリングなどのサービスを利用しながら、生きづらさを軽くしていきましょう。

(画像:PRTIMES

コメント

タイトルとURLをコピーしました