発達障がいの基礎

発達障がいのネット依存やスマホ依存を治すには、どんな対策がある? 発達障がいの基礎

発達障がいのネット依存やスマホ依存を治すには、どんな…

好きなこと、興味のあることに人一倍熱中しやすい発達障がいの人は、手軽に娯楽やつながりを提供してくれるネットやスマホに依存しやすいとされます。 今回は発達障がいとネット依存・スマホ依存の関係を、ネット依存やスマホ依存改善のためにできる対策と一緒に理解していきましょう。 (さらに…)
パニック障がいになっても仕事は続けられるの? 発達障がいの基礎

パニック障がいになっても仕事は続けられるの?

パニック障がいとは、突然理由のない強い不安感に襲われ、激しい動悸やめまい・呼吸困難などに襲われることや、そうした発作がいつ起こるのかわからない不安や恐怖にかられてしまう疾患です。 そのため、仕事を続けるのが難しいと感じる人も少なくありません。そこで、治療中に仕事を続けるべきかどうか、注意点や…
パニック障がいになった人に、家族ができることはある? 発達障がいの基礎

パニック障がいになった人に、家族ができることはある?

パニック障がいは、症状の出ている本人は死の恐怖を感じるほどつらいものですが、それを身近で見ている家族にとってもつらいものです。そこで、パニック障がいの症状の見分け方や、病院に付き添うときの注意点、治療をどうサポートしていくかという点において、パニック障がいの人に家族としてどう関わっていけば良…
アスペルガーの人がストレスを乗り越えるためにできることは? 発達障がいの基礎

アスペルガーの人がストレスを乗り越えるためにできることは?

アスペルガーの人はストレスを感じやすく、弱い傾向にあるので、周囲の人が思っているよりもストレスにまつわるトラブルを抱えることが多いです。 今回はアスペルガーの人がストレスに弱い理由とストレスの発散方法を、周囲に求めたい配慮とあわせてご紹介します。 アスペルガーの人がストレスに弱い理由とは? ア…
パニック障がいの治療中、日常生活でできる対策はある? 発達障がいの基礎

パニック障がいの治療中、日常生活でできる対策はある?

パニック障がいとは、ある状況に陥ったとき、突如として激しく理由のない不安に襲われ、激しい動悸やめまい・呼吸困難などの身体症状が現れるものです。 発作が起こると死の恐怖を感じる人も少なくありませんが、パニック発作で死ぬことはなく、正しい治療を行えば治せる疾患です。しかし、治療には時間がかかるた…
発達障がいの小学生に現れやすい特徴とは? 発達障がいの基礎

発達障がいの小学生に現れやすい特徴とは?

発達障がいとは、注意欠陥・多動性障害、自閉症スペクトラム障害、学習障害などを中心とした脳機能障害のことです。このため、一般的な人(定型発達)と比べてできることとできないことの差が激しく、その特性は「凸凹している」と表現されることもあります。 では、発達障がいの小学生には、どのような特徴がある…
発達障がいの二次障がいによるパニック障がいの症状って? 発達障がいの基礎

発達障がいの二次障がいによるパニック障がいの症状って?

二次障がいとは、ある障がいが存在することが原因で、さらに別の障がいを発症してしまったとき、その別の障がいを指す言葉です。 生まれつきの特性が定型発達の人と異なる発達障がいの人も、成長する中で生きづらさを感じることから精神面での二次障がいを発症しやすいことがわかっています。そこで、この記事では…
発達障がいは「3歳児健診」で発見されやすい? 発達障がいの基礎

発達障がいは「3歳児健診」で発見されやすい?

発達障がいによる特性は、その子が生まれつき持っている個性です。このため特性は症状として、生後3歳ごろから顕著に現れるようになると言われています。 今回は発達障がいが3歳児健診で発見されやすいとされる理由を、専門機関への相談を検討すべき子供の特徴、療育の必要性とあわせて解説します。 (さらに…)