脳と体の健康キープ!復職と長期就労をサポートするプログラムって?

仕事のアドバイス

脳は全身の動きをコントロールする大切な器官ですよね。体や心の不調の改善には、脳の疲労のことも忘れてはいけません。うつ病や適応障がい、パニック障がいなどで休職や退職した人も、心・体・脳を総合的にケアすることで、状態の緩和につながる可能性もあるでしょう。

しかし脳の調子を上げる方法といわれても、あまりピンと来ないのでは?

インクルード株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社⾧:高山雅行 以下インクルード)が運営する、「ニューロリワーク三軒茶屋センター」は、脳と身体の健康向上を目指すパーソナルブレインフィットネスプログラムを導入しました。

パーソナルブレインフィットネスプログラムとは?

ニューロリワークは、うつ病や適応障がい、パニック障がいなど精神疾患のある方を対象に生活習慣構築などのサポートを提供し、復職や再就職の支援を行う事業所。特徴は、脳と身体の健康のために考案された、独自の「ブレインフィットネスプログラム」を導入していることです。

私たちが日々働くためには、生活習慣をしっかりと整えておくことが大切ですよね。睡眠不足では仕事中に注意散漫になってしまいますし、食事をとっていないまま仕事を初めてもエネルギー不足で十分に働けません。整えらえた生活習慣は、働くエネルギーや労働意欲と深い関係があるといえるでしょう。

プログラムでは、生活習慣の改善やストレスケアエクササイズが用意されており、習慣化することで自律神経を整え、ストレスを低減することを目指します。

生活習慣の改善

運動、食事、睡眠という基礎的な活動領域について、専門のブレインフィットネストレーナーが指導を行います。トレーナーと一緒に心身の健康や体内時計を調整し、ストレスに強い体作りをする内容です。

ストレスケアのエクササイズ

マインドフルネスやヨガなど、エクササイズを通して脳の過活動を抑制し、副交感神経を優位にします。自宅や仕事場で気軽にできるエクササイズのため習慣化しやすく、ストレス対処能力向上へとつなげられます。

上記のプログラムに加えて、自己理解とセルフケアなどのプログラムも用意されています。

  • 生活習慣構築プログラム
  • 職場復帰プログラム
  • 自己理解とセルフケアプログラム
  • 就職支援プログラム
  • 個別ワーク環境の充実

働く上で必要なスキルの回復・向上を目的とし、長く健康的に働けるような復職・再就職にアプローチするのがブレインフィットネスプログラムです。

発達障がいの人はストレスをためやすい傾向がありますので、ストレス&メンタルケアを習慣化することはよい精神状態をキープするおすすめの方法といえます。

ストレス計測システム「Lifescore® Quick」で心の状態を確認

パーソナルブレインフィットネスプログラムでは、ストレス計測システム「Lifescore® Quick」を利用し、2つの指標からココロのバランスをチェックします。

  1. 「ストレス/リラックス度」
  2. 「ココロの柔軟性」

トレーニングの前後で測定し、ストレスの状態の変動を見える化します。自分では気づいていなかったストレスに気づくこともできるため、改善への意識がより高まりそうですね。

Lifescore ® Quickは、東京大学発のNPO法人が母体となったヘルスケアベンチャー企業「WINフロンティア株式会社」が開発したデバイスです。
指尖脈波(指先のヘモグロビン量の増減)を測定するセンサーを使い、ストレス度を測定します。チェックにかかる所要時間は、わずか1分ほど!タブレット端末があれば使用可能のため、セルフストレスチェックが簡単にできます。

Lifescore ® Quick導入実績

  • 株式会社コネクト ハーブ専門店 enherb 店頭測定ルーツとして活用
  • 金内メディカルクリニック検診メニューとして活用
  • 凸版印刷株式会社 リフレッシュルームの効果測定ツールとして活用
  • 株式会社レンタルのニッケン 面談時のコミュニケーションツールとして活用

ニューロリワークの就労実績って?どんな人がプログラムに携わっている?

うつ病や適応障がいなどで休職したあと、復職するには準備が必要ですし不安もありますよね。就職がうまく行くのだろうか、実際に入社してもミスマッチで辛くならないだろうかと、心配するのは当たり前のことでしょう。そんなときは就労支援事業所や地域障がい者職業センターの支援を受けたり、サポート機関に相談してみてください。

ニューロリワークのサポート実績はホームページによると、2020年5月時点で、復職・再就職・一般就労の実績が50名。職場復帰後の6か月以上定着率が96%。2人に1人は就労支援を受けて社会復帰し、定着率も高いようです。

プログラムの監修者は医師の今野裕之先生。精神保健指定医であり精神科医でもあります。脳科学者の杉浦理砂先生は、ブレインフィットネス研究所ディレクターです。アメリカのスタンフォード大学医学部・心理学部での研究などを活かしたサポートが期待できそう。

まずは見学し、センターの雰囲気を感じたり、スタッフさんに直接話を聞いてみるのも安心です。

見学申し込みはこちらから!

ニューロリワークはどこにある?

ニューロリワークは2020年9月時点で、東京都三軒茶屋と大阪府大阪市の2つの施設がオープンしています。

ニューロリワーク三軒茶屋センター
所在地:東京都世田谷区三軒茶屋2-2-16 YKビル4階A
電話番号:03-5787-5941(受付時間:平日9:00~18:00)
ニューロリワーク梅田センター
所在地:大阪府大阪市北区西天満2-11-8 アメリカンビル703
電話番号:06-4397-4819(受付時間:平日9:00~18:00)

さらに詳しい情報を知りたい人は、ニューロリワークHPを確認しましょう。

おわりに:生活習慣やストレスケアの総合的サポートで安心な復職目指そう

一度休職したり退職したあとに社会復帰することは、不安やストレスを抱えがち。ひとりで問題を解決しようとすると大きな負担になってしまいますので、信頼できる専門家のプログラムで着実に心身の状態を改善していくのが安心。脳の働きにも着目したニューロリワークに興味が湧いたら、ぜひ見学や体験を申し込んでみてくださいね。

会社情報

インクルード株式会社 https://include-inc.co.jp/
設立 :2013年3月4日(株式会社イノベイジより社名変更 2020年2月1日)
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-22-10 ユニゾebisu422 8階
代表者:代表取締役社長 高山 雅行
事業内容: 就労移行支援事業所 ニューロワークス、自立訓練事業所ニューロフィット、復職や再就職を支援するリワーク施設 ニューロリワーク、特定相談支援事業所イノベイジ相談支援センターの運営、ブレインフィットネス研究所の運営

(画像:PRTIMES

コメント

タイトルとURLをコピーしました