アスペルガーの上司とうまくやっていくコツはある?

アスペルガーなどの発達障がいの人のなかには、大人になるまで自覚がないまま育ち、社会人として働いている人も少なくありません。
今回は上司がアスペルガーだった場合を例に、起こりがちなトラブルや特徴、部下としての上手な付き合い方などを解説します。

アスペルガーの上司に起こりがちな困りごとは?

コミュニケーション、周囲との社会性の構築に問題を抱えやすいアスペルガーの上司には、以下のような特徴が見られます。

状況の理解や他者への配慮ができないため、常に自己中心的にふるまう
例)些細なミスも許せず過剰に叱責する、状況に合わない内容やボリュームで発言する、周囲に責任転嫁して稚拙な嘘をつく
社会や職場での暗黙のルール、マナーを理解できない
例)他者の年齢や容姿について言及する、差別的な発言をする、距離感がおかしい、何よりもマイルールを優先する、自分の世界にばかり没頭する、必要以上に丁寧に対応する
他者とのコミュニケーションがうまくいかない
例)表情や状況を考慮せず言葉通りに受け取る、冗談がわからない、一方的に話し会話のキャッチボールが成立しない、話すときに表情や身振り・手振りがまったくない
想像力が欠如していて衝動的
例)自分の言動がどのような事態を招くか想像できない、思いつきで行動してしまう、仕事の優先順位が付けられない
柔軟な対応が出来ずルーティンにこだわり過ぎる
例)予定を組んで行動できない、計画外のことが起こるとパニックになる、ルーティンへのこだわりが強く乱れると不安になる、変化が苦手で不変を好む

自分が決めたルールへのこだわりが強く、他者に非常に厳しいため、アスペルガーの上司と周囲の人との間にはトラブルが絶えないでしょう。

アスペルガーの上司とうまくつきあうにはどうすればいい?

アスペルガーの疑いが感じられる上司とうまく仕事を進めるには、上司の特性を理解し、配慮した接し方をすると効果的です。
あなたの上司の様子に合わせて、以下を参考に接し方を工夫してみてください。

指示の確認や連絡は基本的にメールなどを使い、記録としてのこす
嘘の有無や責任の所在を、上司が言い逃れできない証拠としてのこすことができる
話すときはストレートな表現で、比喩は使わない
どのくらい遅れるのか、いつ頃完成するのか、また上司の発言に対して感じた不快についても、あいまいな表現でなくストレートに言わないと伝わらない
説明は言葉だけでなく、絵や文字を紙に書いて視覚化する
アスペルガーの人は言葉だけで理解するのが苦手なので、説明や確認をするときは言葉とあわせて絵や文字を用い、情報を視覚化する
必要に応じて、仕事の進め方や内容については承認のみ求める
仕事の手順や内容の可否について「どうしましょう?」と聞くと混乱するため、ある程度答えを準備してから「~でよろしいですか?」と承認を求めるようにする
言い争いになりそうなら、一旦引き下がって見せる
本人が「否定された」「傷つけられた」と感じると興奮するので、明らかに向こうに非がある場合でも「一旦、指示通りにやってみます」と引き下がってあげると良い

おわりに:特性を理解し、アスペルガーの上司とうまく付き合おう

アスペルガーの人には、社会性に乏しくコミュニケーションが苦手で、仕事上のトラブルを起こしやすい傾向が見られます。これは他者の気持ちや状況を慮るのが苦手で、よくも悪くもストレートかつ自分本位にふるまってしまう、アスペルガーの特性によるものです。部下としてアスペルガーの上司とうまく付き合っていくには、まず上司の特性を理解しましょう。特性に合わせ、こちらの接し方を工夫すると、良い関係を築けるかもしれません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です