学校の先生や保護者のおうち学習に!発達が気になる子の算数の教え方って?

子育て・教育のヒント

発達障がいやグレーゾーンのお子さんで、たし算やひき算が苦手なお子さんはいませんか?算数につまずきを感じるお子さんと一緒に勉強したり、疑問に答えたりするとき、どんな教え方がいいか悩むこともあるでしょう。

2020年9月、株式会社学研ホールディングスのグループ会社、株式会社学研教育みらいから、学校の先生や保護者向けの書籍 『特別支援教育で役立つ たし算・ひき算の計算ドリル』、『特別支援教育で役立つ たし算・ひき算の文章題ドリル』が発売されました。

発達障がいの子どもは勉強が苦手なの?

発達障がいの子どものなかには、勉強が苦手、成績が伸びないという悩みを抱える子もいます。発達障がいの特性である、気が散りやすい、ADHDの衝動性がある、忘れ物が多い、興味の対象がはっきりしているなどから、下記のような状態になる子どもが少なくありません。

  • 授業に集中できず、内容が理解できない
  • 授業に集中できない状態が続き、学校の勉強についていけなくなる
  • 勉強についていけないことから、授業をつまらなく感じたり、勉強に対する自信をなくす
  • 衝動的に授業中に立ち歩いたり、声を出したりしてしまう
  • 衝動や忘れ物で先生に怒られ、保護者にも怒られてしまう
  • 友人にからかわれることもあり、学校や勉強に苦手意識を持ってしまう

こういった状態が続くと、学校や勉強が嫌いになり、やる気が育まれなくなってしまいます。発達障がいの子どもの勉強法としておすすめされているのは、次のような取り組み方です。

  • 本人の能力や特性に合わせた課題や目標を設定する
  • できたことはたくさん褒めて成功体験を積ませる
  • 親が子どもの勉強内容に興味を持ち、協力したり一緒に勉強する
  • まずは短時間で、繰り返し学習させる
  • 苦手を補える勉強ツールや教材を使う
  • パソコンやスマホ、タブレットなどの学習ツールを使ってみる

学校の勉強でついていけない部分をツールや教材で補うことで、勉強への苦手意識の軽減につながります。自宅はもちろん学校でも使える内容ということで、子どもの学習のサポートに役立ちます。

子どもによくある算数のつまずきって?

書籍 『特別支援教育で役立つ たし算・ひき算の計算ドリル』は、こんなつまずきを感じているお子さんのサポートにおすすめです。

【計算でのつまずき】

  • いつまでも指を使って計算している
  • 2+3と3+2が同じ答えと気づかない
  • 簡単な計算にとても時間がかかる
  • 足すと10になる組み合わせに迷う
  • 5と言いながら、3本の指を出す
  • たし算はできても、ひき算が苦手
  • くり上がり、くり下がりの計算ができない

教科書やテストの問題を理解できない?読解のつまずきって?

書籍『特別支援教育で役立つ たし算・ひき算の文章題ドリル』は、算数の問題を解くときに、問題文を理解したり解答文章を書くのが苦手な子ども向けの教材です。

【文章題でのつまずき】

  • 文章題の言葉から場面がイメージできない
  • 数がやりとりされている様子がわからない
  • 立式に必要な数と不必要な数を区別できない
  • 答えがわかっても式で表せない
  • どの数でどんな順番で計算するのか混乱する
  • ありえない数や単位の答えになっても気づかない
  • 図で表されている意味が理解できない

スキマ時間の自習にも!

今回紹介する書籍は、付属のCD-ROM付き! CD-ROMに収録された問題を出力すれば、特別支援学級や家庭の自習などで何度でも問題に取り組めます。ドリルでの学習にかかる時間は、1枚につき5分ほどです。スキマ時間の勉強や朝の自習など、子どもの集中力が持続する時間内で使えるのもうれしいですね。

こんな人にこの本がおすすめ!

学校の先生や保護者、発達障がい児のサポーターなど、算数の基礎的な学習に困難のあるお子さんに関わる方

本書の購入方法

『特別支援教育で役立つ たし算・ひき算の計算ドリル』 ISBN:978-4-05-801212-3
『特別支援教育で役立つ たし算・ひき算の文章題ドリル』 ISBN:978-4-05-801213-0
~算数障害のある子への指導法もわかる~

Amazon
【計算ドリル】

特別支援教育で役立つ-たし算・ひき算の計算ドリル-算数障害のある子への指導法もわかる-熊谷恵子/dp/4058012129

【文章題ドリル】

特別支援教育で役立つ-たし算・ひき算の文章題ドリル-算数障害のある子への指導法もわかる-熊谷恵子/dp/4058012137

紀伊国屋書店ウェブストア
【計算ドリル】
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784058012123
【文章題ドリル】
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784058012130

honto
【計算ドリル】
https://honto.jp/netstore/pd-book_30428373.html
【文章題ドリル】
https://honto.jp/netstore/pd-book_30428374.html

楽天ブックス
【計算ドリル】
https://books.rakuten.co.jp/rb/16397356/?l-id=search-c-item-text-01
【文章題ドリル】
https://books.rakuten.co.jp/rb/16397352/?l-id=search-c-item-text-02

学研出版サイト
【計算ドリル】
https://hon.gakken.jp/book/2380121200
【文章題ドリル】
https://hon.gakken.jp/book/2380121300

おわりに:発達障がいの特性に合わせた算数学習に!2冊の書籍を組み合わせて教えよう

発達障がいのお子さんは勉強が苦手な子もいますが、学習の取り組み方を工夫することでぐんぐん理解が深まる可能性があります。教え方に悩んだときは、計算と読解からアプローチする2冊の本を参考に、子どもと一緒に勉強を進めてみてはいかがでしょう。

書籍情報

著 者:熊谷恵子・山本ゆう(筑波大学)
各定価:本体2,200円+税
発売日:2020年9月29日予定
判 型:B5判/144ページ
ISBN:978-4-05-801213-0
発行所:(株)学研教育みらい
発売元:(株)学研プラス
学研出版サイト:http://hon.gakken.jp/

(画像:PRTIMES

コメント

タイトルとURLをコピーしました