「フェリシモ」が発達障がいの生活応援グッズの販売を開始!特性サポートをもっとおしゃれに

子育て・教育のヒント

女性を中心に人気のオンライン通販ショッピングサイト「フェリシモ」。親子で楽しめるファッション、雑貨、インテリアなど幅広いカテゴリのアイテムを探せるのが特徴です。2020年12月より、フェリシモと「LITALICO発達ナビ」がコラボレーショングッズの販売を開始。発達障がいの教育事業や就労支援を行うLITALICOとの協力で、発達の特性を考慮した生活応援グッズが生まれました。

子育て中の保護者の声が取り入れられた商品開発

フェリシモとLITALICO発達ナビのコラボレーショングッズは、ランドセルやトートバッグの中身を見やすくするインナー、収納がしやすいメッシュ財布など生活応援グッズを開発しました。

「CCP」ウェブサイト
https://feli.jp/s/pr190829/10/

商品開発のベースにあるのは、発達障がいの子どもを持つ保護者から届いたリアルな悩みの分析です。実際の子育てで起きている困りごとをサポートすることを目指し、フェリシモの「CCP(チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト)」プランナーが商品企画を行いました。
商品販売に至るまでに、LITALICO発達ナビユーザーへのアンケート調査やオンライン座談会、サンプルモニターへの参加などの試作を重ねた点も特徴的です。株式会社LITALICOは、障がいを持つ人の就労支援や発達障がいの子どもの教育事業を行う企業。特性を持つ子どもの暮らしをサポートし、保護者が本当に欲しいと思う商品開発を目指してプロジェクトが進められたそうです。

整理整頓が苦手、物をなくしやすいのは発達の特性かも?

発達障がいの人は、特性によって部屋の片付けや持ち物の整理整頓が苦手であったり、忘れ物や紛失が多い傾向がみられることがあります。特にADHD(注意欠陥多動性障害)の人はこの傾向が強く出ると考えられています。

これは発達障がいの子どもでも大人でも現れることがある特性です。子どもの場合は学校に持っていく勉強道具をたびたび忘れてしまう困りごとが起きるでしょう。大人の場合は仕事や行政手続きに必要な書類の管理や貴重品紛失の恐れがあります。
発達障がいの原因は生まれつきの脳の機能障がいのため、特性を完治させることは難しいのが現状です。そのためトレーニングや日常生活の工夫を通して、トラブルや困りごとの発生を予防するようにしましょう。

今回ご紹介するフェリシモとLITALICOのコラボレーショングッズは、発達障がいの人が苦手とする整理整頓をサポートする商品です。次章で一部のグッズについて機能を詳しく紹介していきます。

バッグなどコラボ商品のおすすめポイントを紹介!

コラボレーション商品の特徴や価格を紹介します。女性に人気のフェリシモが商品企画をしているため、色あいはやさしめでデザインもおしゃれです。実際に使うシーンを想像しながら見ていきましょう。

トート&ランドセルインナー:月1個2,800円(税抜)


学校の勉強道具を整理整頓できるランドセルインナー。ユーザーアンケートでは、「忘れ物を防ぐ工夫」「プリントをきれいなまま持ち帰れるようなポケットの工夫」「中身を出し入れしやすい工夫」の3つの意見が多く集まり、子どもでも整理整頓しやすいメッシュポケットインナーで、学校でよく使う道具のアイコンカードをポケットにセットできるため、リマインド機能も期待できます。

買い物など縦型のトートバッグにも対応しているので大人にもおすすめ。財布やポーチをバッグの中で立てて収納でき、中身がすっきりします。

メタリックメッシュリュックインナー:月1個2,950円(税抜)


パッと明るいメタリックカラーがポイントのリュックインナーです。カラー展開は、シルバー、ゴールド、メタリックピンクの3種類。

大人にもおすすめのキレイめカラーですので、ママの普段使いにも使えそうです。2019年に開発したコラボ商品「リュックインナー」のリニューアル版で、ますます使いやすくなりました。どのポケットに何を入れたかわかりやすいメッシュ素材を使用。アイコンカードやチェックリストを合わせて使えば忘れ物予防につながります。

リール付き本革キークリップ:月1個1,500円(税抜)


「子どもの鍵の忘れ物が多い」というユーザーアンケート結果から生まれたグッズ。大事な鍵を失くしたと思うとパニックになってしまいがちですが、実はごちゃごちゃのバッグの中に隠れていただけということがありますよね。鍵の抜き忘れ防止の「キーリール」、バッグの中で鍵の収納場所がわかるようにする「キークリップ」の機能が付けられました

バッグの内側・外側、洋服のポケットにセットすることで、鍵を定位置にすっきり収納できます。カラーは3色展開。

おうちで集中して勉強できるデスクパーテーション:月1枚2,950円(税抜)


発達の特性のひとつが集中力を保てないことです。ユーザーアンケートでも、周囲にあるものが気になって勉強に集中できないという悩みが多く集まりました。「おうちで集中できるデスクパーテーション」は、リビングでの勉強におすすめ。A4プリントが入るマチ付きポケット、小ポケット、プリントやドリルを挟むのにぴったりなクリップなど便利な機能付きのため、勉強道具の整理整頓もしやすくなります。普段は四つ折りにしてコンパクトに収納可能です。

カラーは水色、ベージュ、グレーのやさしい色合いの3種類展開。高さ43cmx幅117cm(広げたサイズ)です。

上記で紹介したほか、中身が見えやすいメッシュ財布、ICカードや施設の利用者証を入れるカードホルダー、衣服のタグの刺激を和らげるタグカバーなど普段使いしたくなるグッズが展開されています。フェリシモのオンラインサイトでは、モニターとなった子どもによるコラボグッズ使用例も紹介されています。実生活でどんな風にコラボグッズを使っているかイメージが湧きやすいのはうれしいですよね。

フェリシモの「CCP(チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト)」とは?

今回開発された商品は、フェリシモの「CCP(チャレンジド・クリエイティブ・プロジェクト)」によって誕生しました。2003年からスタートしたこのプロジェクトは、全国の福祉事業所で働く障がいを持つ人たちと消費者とをつなぐ仕組みで成り立っています。障がいを持つ人を「チャレンジド」と呼び、彼らが持つスペシャルでピュアなものづくり能力や個性を活かす目的を持っています。


「C.C.P SPECIAL PURE GIFT」
https://www.felissimo.co.jp/ccp/wk81529/?xid=p_nr_2012172_kr_ccp

コラボレーションをしたLITALICO発達ナビは、ユーザーの悩みやリアルな声を収集し、フェリシモに届ける役割を担当しました。フェリシモはそれらのデータをもとに、発達障がいの子どもがいる家庭が抱くニーズに応える商品を企画し、商品化に至りました。

CCPチャレンジド応援基金について

株式会社フェリシモは、チャレンジド(障がいを持つ人たちのポジティブな呼称)の個性や特性を活かし、オリジナリティのある商品を販売しています。商品の販売価格の一部は、基金としてNPOに寄付。チャレンジドたちのものづくりのためのスキルアップや、地域での理解を深めるための活動資金として活用されます。2021年1月には3種類の生活応援コラボグッズを発売しますので、気になる方はチェックしましょう。

おわりに:発達の特性との付き合い方をサポートするコラボグッズを活用しよう

フェリシモとLITALICOのコラボグッズは、発達障がいの子どもや保護者の暮らしをサポートしてくれます。日々の悩み事を軽くする工夫がされていますので、忘れ物が多い、整理整頓が苦手な人に特におすすめです。特性と上手に付き合うために、便利グッズを活用してみてはいかがでしょう。

会社情報

【LITALICOメディア&ソリューションズについて】
LITALICOメディア&ソリューションズは、障害のある当事者の方やご家族、福祉施設従事者・事業所へ向けたインターネットメディアサービス事業を手掛けています。現在は、発達が気になる子どもを育てる保護者が必要な情報をみんなで共有する発達障害ポータルサイト「LITALICO発達ナビ」、働くことに障害のある方の就職を支援するポータルサイト「LITALICO仕事ナビ」、障害福祉分野で働く人の転職サービス「LITALICOキャリア」の3つのメディアサービスを運営している他、福祉施設や一般企業を対象にした経営支援等のソリューションサービスを提供しています。こうしたインターネットプラットフォームを軸にした事業展開によって障害福祉業界全体の質の向上、および「障害のない社会」の実現を目指しています。

(画像:PRTIMES

コメント

タイトルとURLをコピーしました