発達障がいの人のためのストレス&メンタルケアの方法とは?

発達障がいは、生まれつき脳の発達や機能に異常がある状態を言います。
今回は発達障がいの人に、特性を改善するための療育・訓練と同じくらい必要だとされているストレス・メンタルケアについて、その理由や注意点を解説していきます。

発達障がいの人にストレス・メンタルケアが重要なのはなぜ?

発達障がいの人にストレス・メンタルのケアが重要だと言われる理由は、発達障がいによる特性と、発達障がいの人に見られる精神状態の傾向にあります。

発達障がいの人は、その特性から仕事の先延ばしやミス、遅刻をしやすく、社会生活上の困難を抱えてしまいがちです。
また、基本的に心配性で不安が強く、ストレスにも弱いため、うつ病や不安障がい、依存症になりやすい傾向があることもわかっています。

このように、特性ゆえにストレスを受けやすく、さらにストレスに敏感で耐性が低い発達障がいの人は、思春期以降にうつなどの二次障がいを発症しやすいのです。

二次障がいを発症してしまうと、強い生きづらさや孤独感を味わい、仕事はおろか発達障がいの治療や日常生活を円滑に進めることも、難しくなってしまいます。

生きづらさを軽減し、発達障がいそのものの治療も円滑に進めるためにも、発達障がいの人へのストレス・メンタルケアは非常に重要です。

発達障がいの人のストレスケアで気をつけることは?

発達障がいの人は、ストレスの源となる「ストレッサー」のうち「物理的ストレッサー」と「心理社会学的ストレッサー」の2つに特に敏感だとされます。

物理的ストレッサー
振動や騒音、強い光など身体的に感じる原因によって生じるストレス
心理社会学的ストレッサー
仕事や生活で関わる人との関係、仕事そのものの質・量・出来、結婚や転居などライフイベントなどの原因から生じるストレス。

発達障がいの人の一部には、聴覚・嗅覚・視覚・触覚などが過敏になり、他の人とは比べものにならないほど不快に感じる「感覚過敏」の症状があります。

また、特性ゆえに仕事をうまくこなせず叱責される機会が増えたり、人間関係をうまく築けなかったりと、発達障がいの人が生活上感じているストレスは膨大なものです。

発達障がいの人が、これら2つの大きなストレッサーからのストレスを軽減する方法としては、以下が挙げられるでしょう。

  • ストレスとなる場所や人に近づかず、生活からストレッサーそのものをなくす
  • 仕事や働く環境、住む場所などを変えることで、ストレッサーから離れてみる
  • 信頼できる人や上司に相談し、特性にあわせ職場での必要な配慮を求める
  • 家族やカウンセラーに相談し、助言を参考にストレスへの認知を変えてみる

上記のうち特に大切なのは、医師や家族、上司・同僚・友人など、信頼に値する大切な人に相談し、アドバイスや配慮を求めることです。

ストレスの原因について、自分だけでは気づけないこともありますし、職場で必要な配慮が他者の協力なしには実現できない、というケースも多いでしょう。

自分だけで対応・解決するのではなく、周囲に頼り相談することも大切と覚えておいてくださいね。

ストレス反応を減らすことも大切なケアになる

ストレス反応とは、ストレスを受けたことに対して心身に起こる、以下のような反応のことです。

ストレス反応の具体例
便秘、下痢、頭痛、疲労感、倦怠感、落ち込み、イライラ、やる気が出ない など

これらの反応はストレスが溜まってきたときに起こり、反応が出る状態が長く続くと、うつや不安障がいなど精神疾患を引き起こす、と考えられています。

心身が完治するストレスを減らし、ストレス反応を減らすことも、発達障がいの人のストレス・メンタルケアに効果的です。

以下に、ストレス反応を減らすために有効な対策をご紹介していますので、参考にしてくださいね。

健康的な生活を心がけること

生活リズムが乱れると、自律神経やホルモンバランスも乱れ、イライラやストレスを感じやすくなると言われています。
このため、十分な睡眠を摂って規則正しく寝起きし、3食きちんと食事を摂る健康的な生活を実践するだけでも、ストレス反応はある程度減らすことができます。

複数のストレス発散法を持っておく

自分が好きなこと、楽しいことをすると、ストレスは軽減されます。心配性でストレスを溜め込みやすい発達障がいの人は、自分なりのストレス発散法を持っておきましょう。

ただし「食べること」「寝ること」「運動すること」など、ストレス発散法がどれか1つに偏っていると、効果が限定的なばかりか、別の弊害を被る可能性もあります。

多様なストレスを発散できるように、また偏りによる弊害リスクを分散するためにも、3つ以上の複数のストレス発散法を身に着けておくと良いですよ。

おわりに:発達障がいの人は、良き相談相手と発散法を得てストレス・メンタケアに努めて

発達障がいの人はそうでない人に比べストレス耐性が弱く、また特性ゆえのストレスも感じやすいために、うつ病など精神疾患になりやすいと言われています。このため、二次障がいとして精神疾患を生じる前に、ストレス・メンタルケアを行うことが重要と考えられているのです。ストレスは良き相談相手を得て、自分なりのストレス発散法を持ち、健康的な生活を送ることである程度軽減できますので、本記事を参考に実践してみましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です