二次障がい

発達障がいのネット依存やスマホ依存を治すには、どんな対策がある? 発達障がいの基礎

発達障がいのネット依存やスマホ依存を治すには、どんな…

好きなこと、興味のあることに人一倍熱中しやすい発達障がいの人は、手軽に娯楽やつながりを提供してくれるネットやスマホに依存しやすいとされます。 今回は発達障がいとネット依存・スマホ依存の関係を、ネット依存やスマホ依存改善のためにできる対策と一緒に理解していきましょう。 (さらに…)
パニック障がいになっても仕事は続けられるの? 発達障がいの基礎

パニック障がいになっても仕事は続けられるの?

パニック障がいとは、突然理由のない強い不安感に襲われ、激しい動悸やめまい・呼吸困難などに襲われることや、そうした発作がいつ起こるのかわからない不安や恐怖にかられてしまう疾患です。 そのため、仕事を続けるのが難しいと感じる人も少なくありません。そこで、治療中に仕事を続けるべきかどうか、注意点や…
パニック障がいになった人に、家族ができることはある? 発達障がいの基礎

パニック障がいになった人に、家族ができることはある?

パニック障がいは、症状の出ている本人は死の恐怖を感じるほどつらいものですが、それを身近で見ている家族にとってもつらいものです。そこで、パニック障がいの症状の見分け方や、病院に付き添うときの注意点、治療をどうサポートしていくかという点において、パニック障がいの人に家族としてどう関わっていけば良…
パニック障がいの治療中、日常生活でできる対策はある? 発達障がいの基礎

パニック障がいの治療中、日常生活でできる対策はある?

パニック障がいとは、ある状況に陥ったとき、突如として激しく理由のない不安に襲われ、激しい動悸やめまい・呼吸困難などの身体症状が現れるものです。 発作が起こると死の恐怖を感じる人も少なくありませんが、パニック発作で死ぬことはなく、正しい治療を行えば治せる疾患です。しかし、治療には時間がかかるた…
発達障がいの二次障がいによるパニック障がいの症状って? 発達障がいの基礎

発達障がいの二次障がいによるパニック障がいの症状って?

二次障がいとは、ある障がいが存在することが原因で、さらに別の障がいを発症してしまったとき、その別の障がいを指す言葉です。 生まれつきの特性が定型発達の人と異なる発達障がいの人も、成長する中で生きづらさを感じることから精神面での二次障がいを発症しやすいことがわかっています。そこで、この記事では…
発達障がいは「3歳児健診」で発見されやすい? 発達障がいの基礎

発達障がいは「3歳児健診」で発見されやすい?

発達障がいによる特性は、その子が生まれつき持っている個性です。このため特性は症状として、生後3歳ごろから顕著に現れるようになると言われています。 今回は発達障がいが3歳児健診で発見されやすいとされる理由を、専門機関への相談を検討すべき子供の特徴、療育の必要性とあわせて解説します。 (さらに…)
発達障がいとOCD(強迫性障がい)の特徴が似てるって本当? 発達障がいの基礎

発達障がいとOCD(強迫性障がい)の特徴が似てるって本当?

強迫性障がい、通称「OCD」による症状は、発達障がいの特性に似ているといわれていますが、強迫性障がいがどのような症状を発するのか、知っていますか? 今回はOCD・強迫性障がいにどのような特徴があるのかを、発達障がいとの類似点や症状改善のためにできることとあわせて解説していきます。 (さらに…)
軽度発達障がいの子どもの問題は、どうやって解決すればいい? 発達障がいの基礎

軽度発達障がいの子どもの問題は、どうやって解決すればいい?

発達障がいという言葉は、近年になって非常によく知られるところとなってきました。一部の専門家や医師だけではなく、教育現場の先生が知るようになってきたことで、発達障がいの子どもの過ごしやすい環境が少しずつ整えられています。 しかし、その一方で一見普通の子どもに見える「軽度発達障がい」の子どもに対…