【まとめ記事】発達障がいの人が生きやすくなる生活応援グッズ-バッグ・収納・マスク・石鹸など-

子育て・教育のヒント

発達障がいの人は、定型の人では気にならないことがツラく感じたり、特性によって困りごとが発生したりします。本人や家族の工夫も大事ですが、便利なグッズを使うと暮らしが楽になることがあります。

これまででぃーこみゅが紹介してきた生活応援グッズについてまとめました。感覚過敏や子どもの迷子、整理整頓に役立つグッズについてみていきましょう。

マスクや毛布が気になる!敏感な人におすすめのグッズ</

発達障がいの特性のひとつに「感覚過敏」があります。衣類の素材やタグの感触に敏感で、ツラいという人がいます。そんな悩みにおすすめのグッズに関する記事を公開中です。

マスクで顔が隠れる・感覚過敏にはツラいという悩みを解決するフェイスシールド誕生!


新型コロナウイルス感染症の予防では、マスク着用が大切です。しかしマスクが顔に触れることが耐えられないほどツラいという人がいます。原因のひとつに、発達障がいの感覚過敏が考えられます。でぃーこみゅでは、顔に触れないフェイスガード「cookai(空快)」を紹介しました。cookaiの性能やどんな職業の人におすすめかを解説しています。

感覚過敏で寝付きが悪い人はスウェーデン発の機能性掛け布団がおすすめ


スウェーデンの医科大学付属病院の研究チームから、重り付きの「チェーンブランケット」がうつ病やADHDの人の睡眠改善に効果があるという報告が発表されました。記事では、睡眠障がいの可能性がある症状や日本国内でのチェーンブランケットの通販について紹介します。

今話題の「サステナブル」って?『株式会社 W lab』の事業に注目


SDGsという言葉が近年話題ですよね。「持続可能な社会」を築くことは世界的な課題になっています。この記事では、クリエイティブでサスティナブルな価値をプロデュースする会社「W lab」を紹介しました。子どもの健康を守る絵本などさまざまな製品を世の中に送り出している会社です。

育児に役立つ迷子防止グッズや日用雑貨

お子さんが発達障がいの場合、登下校の迷子や勉強道具の忘れ物などが心配ですよね。ママの不安を軽減し、お子さんのためにもなる生活応援グッズを紹介します。

発達障がいの子どもの迷子対策に「おかえりQR」シールがおすすめ


発達障がいのお子さんの中には、登下校やお出かけ中に迷子になる子どもがいます。迷子対策におすすめの「おかえりQR」シールは、使い方も簡単な便利グッズです。でぃーこみゅ記事では「おかえりQR」シールの使い方や価格などを解説していますので、購入の参考にしてくださいね。

「フェリシモ」が発達障がいの生活応援グッズの販売を開始!特性サポートをもっとおしゃれに


女性からの人気が高いオンライン通販サイト「フェリシモ」と、発達障がいの教育事業や就労支援を行う「LITALICO発達ナビ」がコラボグッズを開発しました。ランドセルの整理整頓や家の鍵の収納に役立つコラボグッズがおすすめです。発達障がいのお子さんの育児をしているママたちの声を参考に進めた開発についても紹介しています。

手洗いをもっと楽しく!障がい者のハンドメイド石鹸に注目


新型コロナウイルス感染症には、手洗いが基本の予防策となります。ところが毎日の手洗いの習慣化ができないお子さんは少なくありません。でぃーこみゅ記事では、お子さんが喜ぶかわいい手作り石鹸「ぜん太くん石鹸」を取り上げました。石鹸を製造している株式会社リンクラインのコンセプトなども合わせて紹介しています。

おわりに:発達障がいのお悩みには生活応援グッズで対応!

発達障がいによる感覚過敏や整理整頓の悩みに対しては、工夫が凝らされた生活応援グッズが開発・販売されています。悩みを放置しておくとストレスが蓄積し、精神的な症状を引き起こす恐れがありますので、グッズを活用してみてはいかがでしょう。

(画像:PRTIMES

コメント

タイトルとURLをコピーしました