【まとめ記事】実体験や医師による大人の発達障がい向けおすすめ本4選-就職・人間関係・HSP・子育てに悩む人へ-

仕事のアドバイス

発達障がいは子どもだけのものではありません。成長してからも発達の特性が現れ、大人の発達障がいとも呼ばれます。特性によって仕事や人間関係に困りごとが発生することがあり、ときにはストレスが蓄積してうつ病などメンタルに支障を引き起こします。

でぃーこみゅでは大人の発達障がいに関する書籍を紹介し、困りごと解決・改善のヒントにすることをおすすめしています。

大人の発達障がいで仕事のストレスや辛い思いを軽くするには?

仕事のストレスやプレッシャーは誰でも感じるものですが、発達障がいの場合は特性によって心の負担が大きくなる人もいます。でぃーこみゅ記事では、自分を理解して上手に特性と付き合うヒントになる本を紹介しています。

発達障がいの人の働きやすさって?書籍『「判断するのが怖い」あなたへ』を参考にしよう


株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワンが発行した『「判断するのが怖い」あなたへ 発達障害かもしれない人が働きやすくなる方法』を紹介。社会人は責任を持って仕事をすることが求められるため、判断をしていかなければいけません。しかし発達障がいの人は、優先順位を考えることが苦手で、なかなか判断できないこともあります。記事では、本書の内容や大人の発達障がいの人が仕事で直面する困りごとについて説明しています。

ビジネスパーソンに多い?会社で感じる「生きづらさ」への対処法に産業医がお答え!


仕事ではプレッシャーや人間関係のストレスなど、メンタルが落ち込み「生きづらさ」を感じることがあります。書籍『会社で「生きづらい」と思ったら読む本』は発達障がいと生きづらさの関係に着目した本です。自分のパーソナリティをセルフチェックする「発達障害」要素チェックシート付きで、病院受診の目安にすることができます。記事ではチェックシートの画像を紹介していますので是非見てみましょう。

SNSで発達障がいの就活お悩みシェア!ひとりじゃないからがんばれる!


翔泳社が2020年1月に書籍『ちょっとしたコツでうまくいく! 発達障害の人のための就活ハック』を発売しました。でぃーこみゅ記事では、書籍発売前からスタートした、Twitterの「#つながろう発達障害の就活 キャンペーン」や、大学生が理解しておきたい発達障がいの特性を紹介しています。

発達障がいのママが子育てや家事でできる工夫って?

発達障がいのサポートというと、子どもの療育や大人の就労に注目が集まりがちです。しかし発達障がいに悩むママだって少なくありません。

大人の発達障がい向け書籍『ママにいいこと大全』で家事育児のトラブル対処


男性と比べると女性の発達障がいは気づきにくく、サポートを受けられない人もいます。がんばっているのに家事や育児がうまくいかずに悩むママの中には、実は発達障がいが原因となっている人もいます。記事では、そんなママたちにおすすめの本『ママにいいこと大全』の内容や、二次障がいによるうつ病のおそれなどを紹介していますので、是非参考にしてください。

おわりに:大人の発達障がいの悩みを軽くする方法を探してみよう

大人の発達障がいは、会社や家庭での困りごとやストレスが蓄積することがあります。専門家による治療を受けられると安心ですが、身近に専門施設がない人が多くいます。そこで、本を参考にしてみるのがおすすめです。ひとりで悩まずに誰かのアドバイスを受けたい時は、本を読んで自分に合った対策を見つけてくださいね。

(画像:PRTIMES

コメント

タイトルとURLをコピーしました