発達障がい専門オンラインカフェ「ななほし広場」が9月にNEWオープン!

発達障がい児の子育ての悩みといえば、相談相手がいない、発達障がい児のママ友がいない、育児で孤独を感じる…というものですよね。同じ悩みを抱えている人や信頼できる相談相手を見つけることはなかなか難しいでしょう。

もっと気軽に悩み相談や同じ立場のママたちとコミュニケーションをとれたら、子育ての辛い気持ちが軽くなるかもしれません。

そんな発達障がい児・グレーゾーン児の子育てをしているママたちにおすすめの新サービス「ななほし広場」が2020年9月1日にスタートしました。

ななほし広場って?

子どもの発達リサーチ機関「パステル総研」のwebサイト上に開設された、発達障がい専門オンラインカフェが「ななほし広場(https://desc-lab.com/nanahoshi-hiroba/)」です。
発達障がいの幼児、グレーゾーン幼児を子育て中のママを主な対象とし、発達障がい児ママたちが抱えがちな悩みを解決するための記事が公開されています。

ななほし広場にはどんな情報がある?

ななほし広場はインターネット上にあるオンラインカフェのため、いつでもどこでもアクセス可能! 忙しい子育て中でも気軽に必要な情報を探すことができます。

ななほし広場で公開されている記事は、癇癪持ちの子どもとのケンカを避ける方法、声かけのコツ、発達障がい児を育てる現役ママのインタビューなどです。発達障がい児の子育てサポートのほか、ママの生き方をテーマとした記事もあります。

また、ななほし広場主宰者である石澤かずこさんの著書が電子書籍で無料公開されています。公開書籍は『保存版!朝グズらない子になる魔法の声かけbest3~その「行きしぶり」2週間で治せます』、『自閉っ子・グレーっ子ママの働き方マニュアル』、『賢いママはやっている!?かんしゃく・ぐずりをピタリと収める!最強のコミュニケーション~ADHD編~』など。

そのほか、「無料オンライン講座」ではママ向けに発達科学の学びを提供するなど、子育て中のママのスキルアップにつながりそうなサービスも展開しています。

ななほし広場のスタッフはどんな人たち?

主宰者の石澤かずこさんは、発達科学コミュニケーション・マスタートレーナー。石澤さんは臨床心理士歴が15年あり、さらに小学校教諭、特別支援学校教諭の資格も持ち、多くの発達障がい児とコミュニケーションをとられてきた方です。

ななほし広場を運営するスタッフも、臨床心理士、言語聴覚士、保育士、幼稚園教諭、専業主婦、会社員など、さまざまな経験やライフスタイルを持ったママたちで、実際の経験を活かした記事が今後も配信されていくことでしょう。

ななほしカフェのいいところは、いつでもどこでも気軽にアクセスできる点。今まで周りに相談相手や発達障がい児ママ友がいなかった人は、新しくスタートしたななほしカフェを訪れてみれば、育児のお悩み解消のヒントが得られるかもしれません。また、すでに発達障害支援センターなどを利用している人にとっても、新たな気づきやコミュニケーションのきっかけになるサービスといえるでしょう。

おわりに:孤独な子育てから脱出!ななほしカフェで発達障がい児ママ友を発見

家事や仕事で忙しかったり外出を控えていると、子育て中はつい孤独を感じがち。オンラインコミュニケーションで同じ発達障がい児ママとつながりを持つことで、ひとりぼっちにならず安心感を得ることができそうです。ななほしカフェから今後もどんどん発信されていく、子育てママ目線の発達障がい情報を是非チェックしてみてくださいね。

関連情報

■発達障がい専門オンラインカフェ「ななほし広場
■運営会社概要
社名:株式会社パステルコミュニケーション
代表者:吉野加容子
所在地:〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階
事業内容:子育て講座の運営/発達に関するリサーチ・開発/起業支援事業
URL: https://desc-lab.com/?prt

(トップ画像:PR TIMES

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です