ヘルプマークはどうやって受け取ればいいの?

赤地に白い十字とハートが描かれたヘルプマークは、外見ではわかりにくい障がい・疾患などがあることを視覚的に知らせ、周囲の配慮・援助を得るために生まれました。
今回はヘルプマークの受け取り方を、受け取るにあたっての資格・手続きの必要性とあわせて、解説していきます。

ヘルプマークをもらうのに資格はいる?

ヘルプマークとは、以下のような外見ではわかりにくい状態・障がい・疾患があることを周囲に知らせ、必要な配慮や援助をうけやすくするためのアイテムです。

ヘルプマークの使用が想定されている人の特徴
  • 妊娠初期で、見た目にはわからないが体調不良が起こりやすい女性
  • 内部疾患や難病など、身体症状がわかりにくい持病を抱えている人
  • 義足や人工関節を使用していて、立つことや移動に困難が生じる人
  • 発達障がい、精神障がい、知的障がいのある人   など

長方形のストラップ型のものが一般的で、裏のメモ用紙に緊急時の対応や連絡先などを書いておくことで、必要な処置や配慮を伝えることができます。

なお、ヘルプマークは希望すれば誰でも受け取ることができ、受け取りにあたって特別な書類手続きや障がい者手帳の提示は、原則必要ありません

ヘルプマークはどこでもらえばいい?

ヘルプマークは、各自治体がしている配布場所で受け取ることができます。
配布場所の設定は自治体によってさまざまですが、一般的には役所の窓口の他、大きな駅の駅務室などで配布が行われているようです。

受取にあたっては、原則書類への記入や質問は不要です。配布場所を直接訪れれば、希望する数のヘルプマークを無料で受け取れます。
また使用する本人でなくても、その家族や友人など、代理人が取りに行くかたちでも問題ありません。

なお、ヘルプマークの配布場所については、自治体のホームページなどに記載されています。
ヘルプマークが欲しいときは、あらかじめお住まいの自治体のホームぺージなどで配布場所を確認し、受け取りに行くと良いでしょう。

ヘルプマークは自分で作ってもいいって本当?

配布場所が遠い、または緊急性が高いなどの事情ですぐにヘルプマークを使用したいのに受け取れないという場合は、自作して身に着けるという方法もあります
ヘルプマークは、東京都福祉保健局が指定するガイドラインに従ったものであれば、個人利用のために自作しても良いという決まりになっています。

以下から「ヘルプマーク作成・活用ガイドライン」をダウンロードし、規格に従って作成してみましょう。

ヘルプマーク 東京都福祉保健局

ヘルプマークを自作して使用するにあたり、守るべき注意点は以下の4つです。

ヘルプマークを自作し使用する場合の注意点
  • ガイドラインで指定されているデザインを、必ず縦横比もそのままで使用する
  • 記号の配置や、大きさを変えるのは禁止
  • 自作する場合、赤いヘルプマークの周りに一定の余白を作ること
  • 上記3点を守れば、全体サイズの拡大・縮小は自由に行ってOK

煩わしい場合は、ガイドラインに提示されているヘルプマークの見本をそのまま印刷し、カードケースなどに入れて持ち歩くのがおすすめです。

おわりに:ヘルプマークは、自治体が指定する場所なら無料で受け取れる

ヘルプマークは、外見ではわからない状態・障がい・疾患を伝え、周囲に適切な援助と配慮を求めるためのものです。使用対象は発達障がいの人を含め精神障がい、知的障がいのある人や、妊娠初期の女性、内部疾患や難病を抱える人、人工関節や義肢を使用している人まで多岐にわたります。ヘルプマークは、役所の窓口や駅務室など、自治体が指定する場所で無料で受け取れます。自治体のホームページを確認のうえ、入手してくださいね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です