1歳前後の赤ちゃんにおすすめの知育玩具は?木製おもちゃも紹介

子育て・教育のヒント

1歳前後はおもちゃへの関心や遊び方の広がりがどんどん高まっていく年齢ですよね。そこで今回は、1歳前後のお子さんの心や体の発達にぴったりな、おすすめ知育玩具を紹介します。触り心地にあたたかみが感じられる木製知育玩具も取り上げています。

どんどん成長!1歳前後の身長体重など成長具合

10年ごとに発表される、厚生労働省の「乳幼児身体発育調査(平成22年)」によれば、1歳の誕生日を迎えたころの赤ちゃんの身長体重の平均は次の通りです。

平均的な身長
男の子 74.9cm
女の子 73.3cm
平均的な体重
男の子 9.28kg
女の子 8.71kg

同調査によると、一人歩きをマスターする子は約半数。1歳1か月~2か月では約7割の子が一人歩きできるようになるという結果が出ています。1歳4か月~5か月までには多くの子が一人歩きをできるようになるようです。

さらに、1歳ごろは指先の機能の発達も著しいのが特徴。ごはんの時間には離乳食を自分の指でつまむ、目に入ったものをつかむなどの行動を好む赤ちゃんもいるでしょう。

つまり1歳前後になると、手指を使って遊ぶおもちゃで積極的に遊び始め、自分の足でおもちゃを探しに行ける年齢ということですね。

自宅用にもギフトにも!1歳前後におすすめ知育玩具

見るもの聞くもの触るものなど、すべてのものに好奇心旺盛な赤ちゃんには、玩具遊びもよい刺激になります。赤ちゃん本人が楽しんで遊べるのはもちろん、感情や感覚、身体機能の発達をサポートすることを目指した知育玩具を紹介します。

はじめての知育玩具の定番「ルーピング フリズル」ジョイトーイ

太めのワイヤーと木製ビーズのカラフルなあそび道具。ビーズをつまむ、くるくるまわす、カチャカチャ音を出す、などの遊び方があります。遊びを通して色や形、大きさを自然に学習。シンプルだからこそ飽きにくい知育玩具です。4,950円(税込)

木のぬくもりがいい!木製知育玩具「クルクルサンサンカー」スタジオノート

木製の車のかたちをしたおもちゃです。北海道産の天然木からつくられていて、塗料も保護用天然オイルで安心安全。握りやすいひもをつかんで、車おもちゃを引いて歩いて遊べるプルトイです。木のタイヤの動きに合わせて車体部分に入っているビーズが「カチカチ」と音を鳴らすため、子どもが楽しい気分になりそうですね。7,040円(税込)

木のおうちで形や創造力を育む「あそびのおうち」エドインター

おうちのかたちをした型はめ・鍵遊びおもちゃ。屋根や壁に星型やハート形をはめたり外す、鍵を差し込むとドアが開く、など形を覚えていきます。ドールハウスやままごと遊びなど、いろいろな遊び方ができるため、長く遊べるのもうれしいポイントです。4,290円(税込)

聴く力と表現する楽しさ♪「おさかなシロフォン」ボーネルンド・オリジナル

成長期は聞く力もぐんぐん伸びる時期です。このおもちゃは、音の狂いが少ない、良い素材の楽器玩具。音感を楽しく刺激できる「おさかなシロフォン」は専門家の手によって調律された本格派の木琴。子どもの手の大きさでも叩きやすいサイズのため、自分で音を鳴らす楽しさに目覚められそうです。11,000円(税込)

おわりに:知育遊びを通して赤ちゃんが楽しくすくすく成長!

1歳前後の赤ちゃんにおすすめの知育玩具を紹介しました。材質にとことんこだわった木製おもちゃ、シンプルな定番などどれも子どものことを考えてつくられたおもちゃでしたね。お子さんの成長に合わせていろいろな知育玩具とのふれあいを持ってみてはいかがでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました