発達障がいの人がクローズ就労するときに気をつけることとは?

発達障がいのある人が就職を考えるとき、障がいがあることを開示するか、または隠したまま就労するかは重大な選択ですよね。
今回は、発達障がいを隠したまま働く「クローズ就労」について、対義語やメリット・デメリット、クローズ就労することに伴うリスクなどを解説します。

クローズ就労には、どんなメリット・デメリットがあるの?

クローズ就労とは、発達障がいのある人が障がいについて職場に開示しないまま就職し、勤務を続ける働き方です。
つまり、発達障がいのない人と同じように一般枠で応募・採用され、職場から特別な配慮を受けることなく働くことになります。

一方で発達障がいをあらかじめ職場に開示し、障がいや特性への理解や配慮を職場に求めながら働くスタイルを、オープン就労と言います。
オープン就労には、発達障がいであることを開示したうえでの一般枠採用に加え、人によっては障がい者枠での就職も含みます。

発達障がいの人の働き方のうち、障がいを開示しないクローズ就労のメリット・デメリットとしては、それぞれ以下が挙げられるでしょう。

クローズ就労することのメリット
  • 特性に合った職種を選べるため、キャリアアップの可能性が高くなる
  • 障がい者枠で就職した場合、勤務先によっては給与が高くなるケースがある
  • 特性上どうしても苦手な業務は、助けてもらったり免除してもらいやすい
クローズ就労することのデメリット
  • 定期的な通院、服薬のための勤務時間や勤務体制への配慮を受けられない
  • 特性に対しての配慮を得られないため、苦手なこともしっかり対応しないといけない
  • 周囲とのコミュニケーションと業務が円滑に進むよう、常に配慮しなければならない

会社に発達障がいがバレる可能性はある?

就労にあたり発達障がいであることをオープンにするかどうかは、個人の自由です。
このため、発達障がいであることを勤務先に伝えずに働き続けても、法律上は何の問題もありません。

また会社側には、従業員の障がいの有無について確認するときには、厚生労働省が出している「プライバシーに配慮した障害者の把握・確認ガイドライン」従う義務があります。
このガイドラインでは、本人からの申告がない限り個人を特定できるかたちで障がいの有無を従業員に確認することは、基本的に不適切だと明記されています。

ただし、普段の勤務態度や業務中の様子、また所得税控除や病欠・休職のための書類手続きのなかで、発達障がいであることが職場にバレる可能性はあります。
クローズ就労をする場合も、もし勤務先から照会を受けた場合にどう対応するかは、あらかじめ考えておいた方がよいでしょう。

クローズ就労で仕事をするときの対処法は?

発達障がいのある人がクローズ就労をする場合、デメリットを被らないための対策をあらかじめ講じておくと、働きやすくなります。
クローズ就労を考えているなら、以下を参考にあなたに合った具体的な対策も、考えておいてくださいね。

クローズ就労のための対処:苦手なことへの対策を考えておく

障がいへの配慮を受けられないクローズ就労では、たとえ特性上苦手なことでも、業務命令であれば従わなければなりません。
就職の前に自分の特性と苦手なことをよく分析・理解し、苦手なことを業務として求められたときにはどう対処するか、あらかじめ考えておきましょう。

そうすることで、苦手なことをするよう求められてもパニックにならず、自分なりの方法で進められるようになります。

クローズ就労のための対処:定期的にコミュニケーション法を確認する

発達障がいのある人には、他者とのコミュニケーションに問題が起こりやすい傾向が見られます。
周囲とのコミュニケーションのズレは自分ではなかなか気づけないので、信頼できる家族・友人か、以下のような専門機関の職員に相談しましょう。

  • 就労支援センター
  • 就労移行支援事業所 など

クローズ就労のための対処:ストレスの解消法を見つけておく

苦手な業務に従事することや、周囲に隠し事をして働き続けることは、大きなストレスとなって本人の心身を疲弊させます。
無理なく、長く職場に勤務し続けるためにも、自分なりのストレスと疲労の解消法を見つけ、こまめに発散するようにしてくださいね。

おわりに:クローズ就労を望むなら、デメリットと対策をよく考えておこう

発達障がいであることを隠して就職し、勤務することをクローズ就労と言います。就労にあたり、障がいの有無を職場に申告するかどうかは個人の自由です。しかしクローズ就労では、特性への配慮を受けられません。
このため苦手な業務を命じられたり、周囲とのコミュニケーションに強いストレスを感じてしまう可能性もあります。

クローズ就労をしたいなら、あらかじめよく自己分析したうえで、自分の苦手なこととその対処法を考えておきましょう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です