発達障がいの人の才能を活かすためにできることとは?

発達障がいの人は、特性ゆえに他者とは違った感覚を持っているため、仕事や生活上の困難に直面しやすいとされます。特性を良い方向に活かすことは、できないのでしょうか。
今回は、発達障がいの人の特性を才能として活かし、メリットを享受できるようにするためにできる方法・対策について、考えていきましょう。

発達障がいであることにメリットはある?

一般的に、多くの発達障がいの人には以下のような特徴が見られます。

  • 物事への得手不得手、好き嫌いが非常にはっきりしている
  • 好きなことに対しては、何時間でも集中できる傾向がある
  • 一方で嫌いなこと、興味のないことへの集中力はほとんど続かない
  • 物事に強いこだわりを持ち、興味のある分野ならとことん突き詰められる
  • 興味のない分野に関しては、いくら注力しても成果を上げられない

上記の特性のうち「好きなことへの強いこだわりや過度な執着・集中」は、その人の才能として、仕事や研究に活かせる長所だと言い換えることもできます。

発達障がいの人が持つ特定の分野への強い興味は、長時間の集中を誘発させ、その分野への幅広く奥深い知識を身につけさせてくれます。
これは「興味のある好きなこと・分野」は「最も得意なこと・分野」となり、発達障がいの人の才能や武器として使えるようになるのです。

発達障がいの特性には、生活や仕事上の困難を生むものもたくさんあります。
しかし他方では、特性による好きや執着、こだわりを仕事や研究とマッチングさせることで、その分野で高いパフォーマンスを発揮する才能に昇華することも可能なのです。

あくまでも一面的な考え方ですが、このように「特性を才能に変えられる可能性があること」が、発達障がいであることのメリットだといえるでしょう。

才能を活かすためにできる対策

発達障がいによる特性を才能として昇華し、活かしながら生きていくために、発達障がいの人に知っておいてほしい考え方・取組みを以下にご紹介します。覚えておきましょう。

物事への「興味」や「執着」の傾向を理解し活かす

発達障がいの人が物事へ抱く興味や執着は、特定の分野だけに向き続けることもあれば、一定期間ごとにさまざまな分野に向けられることもあります。関心が特定の分野に向き続けるなら研究者、多分野に向き続けるならマルチワークや起業をする方向へと、それぞれの特性を活かすことが可能です。
自分の特性を理解し、向いている働き方や職種選びをすれば良いと心得てください。

「できないこと」を強みとして、ビジネスを考える

得手不得手がはっきりしている分、発達障がいの人は自分ができないことをできる人材を見つけ、任せることが得意だと考えられます。
できないことがあるのは、不利なことではありません。自分や他者の適材適所を見抜き、生産性を上げるために欠かせない視点なのです。

「得意」「好き」を伸ばせば、自分の生きる道を作れる

時間や状況を忘れるほどの興味や執着は、人々に「天才」「職人」と呼ばれるほどの才能や、仕事への真摯な姿勢を生み出してくれます。
発達障がいによる特性が、あなたの生きる道を形成してくれることもありますので、ぜひとも自身の好きや興味を伸ばせる働き方を考えてみてください。

無駄なく協力者や理解者を見抜く「独自の視点」を持っている

建前のコミュニケーションが苦手な分、発達障がいの人は、本音で付き合える信頼できる人物を見抜きやすいとも言えます。
本音で話すことができ、あなたの特性を理解してくれる人は信頼できる協力者となり得ます。無駄のない人間関係を構築できれば、あなたの仕事や人生の助けとなるでしょう。

おわりに:発達障がいを才能とするには、まず特性を理解すること

物事への強い興味や執着という発達障がいの特性は、仕事にうまくマッチングさせることで、才能として昇華することができます。その才能は他者から非常に困難に見える目標の達成や高いパフォーマンスを可能にし、発達障がいの人の生きる道を形作ってくれるのです。

発達障がいの特性を才能や長所とするには、まず本人が自身の特性を理解し、活かせる職種や働き方を決定する必要があります。
この記事を参考によく考えてみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です