療育

発達障がいの小学生に現れやすい特徴とは? 発達障がいの基礎

発達障がいの小学生に現れやすい特徴とは?

発達障がいとは、注意欠陥・多動性障害、自閉症スペクトラム障害、学習障害などを中心とした脳機能障害のことです。このため、一般的な人(定型発達)と比べてできることとできないことの差が激しく、その特性は「凸凹している」と表現されることもあります。 では、発達障がいの小学生には、どのような特徴がある…
発達障がいは「3歳児健診」で発見されやすい? 発達障がいの基礎

発達障がいは「3歳児健診」で発見されやすい?

発達障がいによる特性は、その子が生まれつき持っている個性です。このため特性は症状として、生後3歳ごろから顕著に現れるようになると言われています。 今回は発達障がいが3歳児健診で発見されやすいとされる理由を、専門機関への相談を検討すべき子供の特徴、療育の必要性とあわせて解説します。 (さらに…)
発達障がいの人がeスポーツにチャレンジするときの注意点とは? 発達障がいの基礎

発達障がいの人がeスポーツにチャレンジするときの注意点とは?

特定のコンピューターゲームの戦績を競うことは、近年「eスポーツ」という新しいスポーツのジャンルとして注目されていますよね。 今回は、発達障がいの人がeスポーツにチャレンジするときの注意点について、特性の影響やプレイ中に意識すべきことなどを解説していきます。 (さらに…)
軽度発達障がいの子どもの問題は、どうやって解決すればいい? 発達障がいの基礎

軽度発達障がいの子どもの問題は、どうやって解決すればいい?

発達障がいという言葉は、近年になって非常によく知られるところとなってきました。一部の専門家や医師だけではなく、教育現場の先生が知るようになってきたことで、発達障がいの子どもの過ごしやすい環境が少しずつ整えられています。 しかし、その一方で一見普通の子どもに見える「軽度発達障がい」の子どもに対…
発達障がいの子どもには、どんな習いごとがおすすめ? 発達障がいの基礎

発達障がいの子どもには、どんな習いごとがおすすめ?

発達障がいとは、生まれつき脳機能に何らかの異常があり、知的能力には問題がないものの、対人関係に問題があったり、多動性や不注意の症状が見られたり、読み書きや計算など特定のことだけが難しかったり、という特性を持っていることです。 生まれつきの特性なので、幼稚園や小学校などの集団生活で問題を抱える…